~安心して快適に暮らせる家づくり~|八尾市の(クラストハウズ )

株式会社曽我工務店
〒581-0044 八尾市木の本1-23-3

メニューを開く

topicsブログ

2021.01.25

人生初名刺

みなさまこんにちは!
本日もブログに遊びに来てくださって誠にありがとうございます。
お客様サポート係深井が本日もお届けいたします!
緊急事態宣言がでて1週間が過ぎましたね。
なかなか収束に向かわず心配な毎日が続いています。
先日よりコロナに感染された患者さんを受け入れておられる病院の看護師さんを取材された動画をみる機会があったり。
記事を読むことがあったりして。
患者さんに心を向けることはもちろん
患者さんのご家族へのフォロー体制を整えておられる様子を見聞きして、心に突き刺さる思いを持ちました。
医療関係者の皆様もご自身の感染の可能性に怯えながら
キャパシティーを超えたたくさんの患者さんの看護で心身ともに限界を超えていらっしゃるはずなのに
拡大予防のため看護師さんご自身のご家族にもあえず
心無い差別を受けながら
それでも
ケアすることへの広く深い視点と行動もって
どんな状況でも精一杯を迷いなく当たり前にやる。
強烈なプロ意識を感じました。
私共クラストハウズも
いつでもお客様の暮らしに寄り添って
安心安全、快適に過ごしていただけるお家作りのお手伝いを心を込めてさせていただきたいと改めて思いました。
この世界に入ってまだ3か月の新米ですが
コツコツ学んでお役に立っていけたらと思います!
そんな新米の私に名刺を作っていただけました。
人生初の名刺なんです!
パートの私にまで名刺!感激でした!
私実は、社会福祉学科を卒業しておりまして「社会福祉士」という資格をとりました。
社会福祉士はざっくりいいますと
医療・福祉・教育・行政機関などにて日常生活を営むのに困難がある人からの相談に対して助言や指導、援助を行う専門職(ウィキペディア参照)
でして
私はどんな年齢であっても、どのような障がいがあっても
「その方にとって当たり前の生活」が営まれるよう
そのお手伝いをしたくてこの資格をとりました。
ですがなかなかこの資格をいかすこともできず
福祉の世界からも離れてしまって
高額な費用をだして大学に通わせてくれた両親に顔向けできないと
ずっとずっと心残りでした。
それが!
名刺に!!
一番に実家の父にみせて(会いに行けないので写真で)
実家の母からは
「社会福祉士っていれてもらってるやん!やっと日の目をみたなぁっていうててん。」
と喜んでくれているお声を聞けました。
その方にとっての当たり前の生活は
なにも福祉の世界だけの話だけではありませんよね。
もうずいぶん前にとった資格ですが
もう一度勉強しなおして
クラストハウズでお家を建ててくださるお客様にとっての
当たり前の生活を実現していただくために
微力ながらお手伝いさせていただきますね!
***
さてクラストハウズでは
2月6日(土)柏原市立市民プラザにて
「後悔しないための家づくり勉強会」を開催いたします。
緊急事態宣言下ではありますが
こんな時だからこそ「安全で快適な暮らし」に心を向ける方も多くいらっしゃるかと思います。
感染拡大防止対策をしっかりとっておりますので
この機会にまずは家づくりを知るための第一歩を
クラストハウズと共に踏み出されてみませんか?
熱血すぎるとうわさの社長が心を込めてお話させていただきます!
ありがたいことにご予約をいただきはじめております。
まだお席はございますのでぜひご検討くださいね。
あなた様にお会いできるのを楽しみにしております。